茉莉花っぽく

大切な人を想う気持ちが本物になるように。

退学した景色と本音

退学届を出したあの日、実は思ってたのと少し違った。

 

 

サークルを立ち上げて、面白すぎる仲間と、

真面目にも、ふざけたミーティングをしてたあの時。

 

フィリピンでスラムの子供達の笑顔に触れたあの時。

 

フェアトレードを通した 

販売や身近な国際協力にやりがいを感じたあの時。 

 

美味しい学食や素敵な屋上が当たり前だったあの時。

 

かなりの頻度で色んな所ドライブして遊んだあの時。 

 

ご縁で、夢だったカフェ立ち上げに関わったあの時。

 

  

これでもかってくらい全てが一気に押し寄せてきた

 

 

この選択に後悔してる訳じゃなく、大学を目の前に、

1人で卒業式みたいな あの感覚になったってこと。

大学は楽しくて大好きな場所だって、最後に思った。

 

 

 

“覚悟” 

  

 

そんな言葉が浮かんできて、

全ての人に、

有難うと責任を重く感じた。

 

 

退学して、ここからスタートで、前に進んでいくと、

決めてたから、未来に更にワクワクすると思ってた。

 

 

けれど、見えた目の前の景色は、真っ暗で、

心を締め付けるようなドキドキがあった。

 

 

今に追われている自分や、今の立場を知って、

怖いと思った。不安だと思った。嫌だと思った。

そうやって真っ暗な世界に甘えていたら、

チャンスと向き合えず、悪いことを引き寄せた。

 

 

悪い夢ばかりで、寝れなくなって、 涙も出なくて、

食欲も全ての欲もなくなって、無気力で、

判断能力もなくなって怖い思いもした。怖かった。

 

 

 “できない” って 無責任な言葉や表情を、

今までで一番聞いて感じたかもしれない。

 

 

 

 そして、

 

それらは、事実だって、本当に思った。

 

退学は、一般的に認められにくいって。

 

 

それは、それらを無意識に感じてしまう程、

人は所属や何かに守られていたいってことで。

安心感がある今このままでいたいってことだ。

 

 

その全部を 自分が選んでるって、

理解していたから、

余計に 事実を認めたくなかった。

 

 

 

でも、わざわざ退学を選んだのには理由があって、

 

今は、説得力がないかもしれないけれど、

自分も周りも大切にできて夢が叶う手段に出会って、

自分は 大きく確信することができていたからで、

 

 

 

一番の理由は、軽く聞こえるけど、直感だったかな。

そっちの方が、楽ではないけど楽しい人生になるって

分かってしまったから、後悔したくないって思った。

 

 

夢を、少しずつ少しずつ思い出すことができて、

大切にしたいことと向き合って信じれるようになった。

 

どう思われるかより、自分の目で見て感じて、

自分がどう思うかのが、大事だと改めて思った。

 

もしかしたら、自分の理由で、それ自体を嫌い、

見ない人のが多いかもしれないけど、

今までの自分の目では、その延長にしかならない。

 

 

だから、変わろうと思った。

 

 

 

変わるということは、

 

同じ事実の中で

 

自分が変わり、見えなかったものが

見えるように変わることだと思った。

 

 

できない事実も、

できる事実にすることができる。

それは、夢や理想が、今の事実と、

混ざっていくことだと思った。 

 

だから、できない事実をつくらないように。

子どものように夢を好きなだけ描いていい。

 

 

可能性に溢れていて、 夢は叶うためにある。

 

 

できない自分も許して、愛して、認めよう。

 

 

 

“できる”という言葉に責任を持てるように。

 

肩書きなんて、関係なくて、

本当に自分がどうなりたいかが大事だよ。 

 

例え、かっこ悪く見えても、

人として かっこいい生き方になる方が好き。

f:id:mrk0219:20170414194215j:image

 

休学した景色と本音

正直、自分の毎日の延長上線に、

休学という選択肢が表れると全く思ってなかった。

でも、気づいたら3年の後期、休学を選んでいた。

  

 

やりたいことがあるから

もう少し学生でいたいから

就活しないで起業するから 

学びたいことがあるから

海外に行きたいから    

 

他にも人それぞれ、 プラスな理由も、

マイナスな理由も、あると思うけど、

 

 

私は、どれにも当てはまらなかったと思う。

 

 

 

卒業後、特別、これになりたいとか、

やりたいと思うことはなかったけど、

 

周りの人や、地域や、日本や、世界の人に、

 

影響与え、色んな形で沢山の笑顔をつくり、

そんなあたたかい空間が、それぞれの形で

広がっていく、何かをつくりたいと思ってた。

 

そういう、自分の好きや自分の笑顔で溢れてる大人が、

次世代に夢や希望や沢山のそれを繋いでいけると思う。

 

それを、

少しずつそれなりに、実現してきた学生生活の、 

 

自分の好きなことを自分で好きなだけできた環境の、

このままを、このまま、

ずっと、続けていけたら、幸せだと本当に思った。  

 

でも、

その貴重な経験は、自分が学生だから、

やらせていただいていたことを感じてた。

 

 

 

 

本当の意味の “自分で” “自分の” 

 

 

 

 

 

それらを、思いっきり、実現してる、

憧れる大人や景色に出会っていたから、

 

他にも自分の人生と向き合った上で、

自分の意志で、退学すると決めていた。

 

 

 

休学した理由は、自分が弱かったからだ。

 

 

 

 

仕事をし、社会に貢献された有難うが、

 

お金として返ってくるようになってる。 

 

 

働き方は、本当に様々だけれど、

 

本当の意味の“自分で” “自分の”好きを実現した人は、

 

ワガママで自分勝手では、決してなくて、

自分以外のそれ以上の多くを考え、働き、 

 

それらを成り立たせ、

 

自分以外の人生や社会に、貢献してきていることを、

 

私は、自分自身の問題でできないことが増えてきて、

自分の将来や目の前で精一杯になったけど、

そんな他人を自分が思ってる以上に考えてくれていて、

 

他にも沢山の場面で、感じた。

  

 

休学して、

 

 

この世界は、

自分がそれをしなくても、何にもなかったように、

誰かが役割を果たし、まわり続けると、感じた。

 

この世界の中途半端な所にいて甘えてると感じた。

 

 

でも、

 

 

この世界で、 ただ自分という何者かでありたい。

 

本当はどうなりたいのか

 

本当にこのままでいいのか

 

本当に自分らしく、そういう自分だから、

自分ではなくてはいけないということを。

 

 

 

最初、休学は、遠まわりしたように感じたけれど、

目の前に出てきたことは味方してくれると分かった。

 

自分で自分の人生を良くしていくための

 

一歩と少しの勇気を試してくれた大事な時間だった。

f:id:mrk0219:20170414195311j:image

 

大学に行ってよかった3つのこと

特に大きな夢があって、大学に行った訳じゃないけど

高校までとは違う“何か”をしたい気持ちだけ強かった。

 

附属推薦で入学して、友達もいて楽しかったけど、

  

大学は、広くて大きくて、実はもっと色んな人がいて、

自分で、“何か” 動かないと変わらないってすぐ感じた。

 

 

どうしたらいいか分からなくて

1人でお弁当食べたり 1人で真剣に授業聞いてみたり

1人でサークル見に行ったり 1人でアンテナ立てた。

 

そうやって、自分なりに考えて過ごしてた、

 

何にも心動かず、居場所はないと思って、

こんなものかと諦めようと思い始めてた。

 

 

 

ここで、終わらなくて、本当によかった

 

 

 

唯一、何故か一度も喋ったことない子と

偶然、課題のグループが一緒になった。

 

それが、唯一の接点だったけど、

やりたいことがあって、

1人でメンバーを探し始めた時期だったらしく、

2人目とかに私に声かけてくれたのが始まり。

 

 

「旅行会社をつくろう(仮)」

 

そんなタイトルの1枚の企画書には、 

何でもやっちゃおうってくらい

面白いことが盛り沢山書いてあった。

 

初めは完全にノリだったけど、

大学生活の何よりも、心が動かされたし、

結局何時間も語り合うぐらい見ていることが似てた。

 

一気に面白い友達が増えて、面白いこと沢山やった。 

 

一緒に過ごしているというより、

一緒に何かを作りあげてたから、

色んなことが起きて 共有して 話して

お互いの興味とか いいとこも分かって、

 

本当にそれぞれ個性的で、  

個々が好き放題やりたいことやってよくて

それでも、同じ集団って感じが好きだった。  

 

仕事だから集まらなきゃって感じじゃなくて、

友達だから察知して集まろうとか集まりたいとか、

ちゃんと目的があってない感じが 好きだった。 

 

楽しくて夢中で、今思えば、

勢いがあって、本気だった。

 

 

伝わらなくて

 

1人でもやるからって強がってて、

本当はみんなとやりたいって 一言を、

言えなくて泣いちゃったのが懐かしい。

 

伝わってからは

 

友達が少しずつ応援してくれて形になって、

今考えると、夢みたいなことばっかだった。

 

私たちは、

誰もが羨むような、理想の集団を作りあげたと思う。 

 

 

 

こうやって、何かのはじまりの時は、


いつも1人の想いからはじまり、

小さな1人の小さな一歩から、はじまってきたから、

 

想いは必ず届くようになっていて、

それを自分以上に必要として待っている人がいる。

 

 

私がいた居場所は、

自分で という考え方、
本当に好きなこと、
語れる自慢の出会い、3つのことを教えてくれた。  

それが、たまたま私は、大学という居場所だった。

 

そんな、誇れる思い出ができて、本当によかった。

 

でも、

 

今とこれからのが、何十倍も大事で、

 

意味があって、 

 

この経験をしたとしか思えないから、

今ここを、もっと、意味あるものに。

 f:id:mrk0219:20170415041215j:image

 

自分のために

自分の人生がガラリと変わる

そんな、21歳という年になるから。

 

自分の本当の言葉や心の声に、

正直に素直でありたいから。

 

好きな茉莉花でいたいから。

 

 

 

“自分のために”   

 

 

 

 

 

でも、

 

 

 

自分のためより、“誰かのために” 

 

そうやって どうしても考えてしまう私がいる。

 

 

そうして、

 

 

自分を苦しめていないだろうか

 

 

誰かを傷つけていないだろうか 

 

 

 

 

茉莉花、ボランティアは、絶対するな」

 

 

 

 

 

 

私がずっと小さい頃に、親が言ってた言葉で、

 

最近、また思い出すことになったんだけど、

 

 

相手が、可哀想だ。苦しそうだ。大変そうだ。

そういうマイナスの、してあげなきゃではなく、

 

自分が、楽しい。嬉しい。と思う、自分を大切に、

 

 

ボランティアが悪いということではなくて、

そういう笑顔で溢れる茉莉花であるから

茉莉花は、

沢山の “人のために” なれるということ。

 

 

だから、当たり前なことだけど、

 

“自分のために” 

 

嘘ではなく、本当の笑顔で笑って、

大切な人を想う気持ちを本物にしたい。

 

 

 

私は、思いっきり、

好きな人と好きなことを叶え続けるから、

 

それぞれが

 

自分の好きで溢れた個性で輝くように。

 

 

好きには、嘘つかないで、楽しくいこう(^◇^) 

 

 

 

誰かを心から想える私になるために

f:id:mrk0219:20170414034004j:image